第27回WEB TOUCH MEETING

WEB TOUCH MEETING」は広島で月1回行われている勉強会です。
ひとことで「WEB」といっても広く、色々な仕事をされている方がいますが、その色々な分野のさわりの知識を共有しましょうと言った趣旨のもと行われています。
先月、「Flex User Group 全国ツアー 2010 in 広島に参加して」というエントリーを書きましたが、それが前回のWEB TOUCH MEETINGにあたるものです。

今回のセッションは以下の3つ。

  1. 『ブログが続かないお年頃に告ぐ』もりひめさん
  2. 『客先 その場しのぎの成功談と失敗談』Wardish三戸さん
  3. 『iPad ビデオ広島弁吹き替えについて』北臺如法さん

1.『ブログが続かないお年頃に告ぐ』もりひめさん

ブログを始める・続けるための心構えを発表されました。
発表のなかで、始めからブログにきっちりしたテーマを決めると続かないので、漠然としたテーマを決め、書いていく内にテーマを決めればいいと話がありました。
私はもはや当初のテーマから漠然としたテーマに変わって書いていますが、モチベーションが全くないよりかはマシかなと感じたり。
たまに書きかけては「これはどうなんだろ?」と悩み、公開に至らなかったエントリーもありましたが、もっと気を楽に更新していけたらと思います。

2.『客先 その場しのぎの成功談と失敗談』Wardish三戸さん

私は会社柄、外よりも内部との打ち合わせが99:1くらいの割合なので、客先での話や取引相手との交渉といった話しは新鮮でおもしろかったです。
中でも関心したのは、何に対して見積りを出すかという話しでした。
お客さんがやりたいことの100%は口では80%程度しか伝えられず、それを聞いた自分は70%しか理解できないので、その70%の機能を盛りこんだ見積りを出すのではなく、本当(100%)は何を求めているかを考え、その提案と共に130%の見積りを出すということでした。
数々の修羅場をくぐっておられるようで、非常に説得力のあるお話しでした。

3.『iPad ビデオ広島弁吹き替えについて』北臺如法さん

地球の一部で評判を得たこの動画の制作経緯や反応・感想を発表されました。

1/28:iPad発表。始めはどうなんだろうというイメージだったが、ビデオを見てるとiPadder’s highになり吹き替えを決意。
本当は広島弁の予定はなかったけど、中学生のころから英語を日本語訳するときに広島弁訳までしてしまう体質のため、本能的にやってしまったようです。
これだけでいかにおもしろい方かおわかりですね。あまりおもしろエピソードばっかり書くとそれだけで1記事ほどになってしまうので割愛。

今はtwitter・ブログなどでの口コミが凄いというのは重々周知のことですが、実際に動画再生数・フォロワー数の伸びなど見ると改めて凄いと感じました。
また、この動画の凄いところはネットの口コミからネットをあまり使うことのないユーザーにまで紹介されたというところですね。
広島弁は一部では怖いとか変なイメージがついてますが、方便の親しみやすさ・やわらかさは日本ならではですからね。

ちなみに「iPhone4版」も出てたり、次回はジョブズ伝説のスピーチをやるようですよ。

今回はちょっと変わった感じのセッション内容ばかりでしたが、笑い多めで楽しかったです。

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ