Fireworksでデザインしてみた

Fireworksの便利な機能も知らないクセして、Photoshopの方がWEBデザイン簡単だよ!(キリッ とか言っても、全然説得力がないので慣れも含めてFireworksを使ってデザインをしてみました。
Photoshopと比べて、便利だった点・不便に感じた点をまとめてみました。

便利だった点

・角丸の丸み変更
Photoshopの角丸長方形ツールは、先に丸みの数値入力をしてシェイプを描くことができますが、後から丸みの値を変更することができません。Fireworksの長方形ツールを使えばシェイプを描いた後に丸みの値を入力することができます。別にFireworksの角丸長方形ツールは使う必要ないかなぁと思ったんですが。

・塗りのパターン・テクスチャが豊富
一度、長方形ツールなどでシェイプを作成して、スタイルパレットからお好みのスタイルを選択してもらい、塗りや線のプロパティを見てみると様々なテクスチャやパターンを組み合わせて作っているのがわかると思います。
いつもベタ塗りやグラデーションだけで、単調になりがちだったデザインにも少し味が出てくるんじゃないでしょうか。

・破線が簡単に引ける
Photoshopで破線を引くのは大変ですが、Fireworksでは線のストロークの種類を選ぶことができて、破線だけでなく様々なストロークもあり、細かいオプションも設定できます。Photoshopの境界線にこんな機能があればいいなぁと思いました。

・ものさしツール
ものさしツールを使えば、ものさしツール自動シェイプというものが作成され、XHTMLのコーディング時にmarginが何pxなのか・widthはいくつか等、明確に示してくれます。ものさしツール自動シェイプは非表示にできるので、デザインのJPEGデータを渡す際には非表示にしてJPEGに書きだせばOKです。
ただ、どこにものさしツールがあるのかが分かりにくいんですが、長方形ツールとかの中に隠れています。CS4からの機能。

・Photoshopのレイヤースタイルも使える
Macromedia時代のバージョンにはないですが、Photoshopのレイヤースタイルも使えます。ある程度は使わなくてもなんとかなりますけど、まさにかゆいところに手が届くといった感じでしょうか。

・ワンクリックで等間隔に配置
整列パレットの「等間隔に分布」をクリックすれば、複数選択したレイヤーから一番左と一番右のレイヤーの間で等間隔に並べてくれることができます。
今まで細々とガイドを引いてましたが非常に楽です。まさにWEBデザインに特化してるという部分だと感じました。

・スライスが便利
シェイプやビットマップなどレイヤーの幅・高さぴったりサイズのスライスを作成してくれたり、スライスごとにGIFやJPEGの設定などが行えます。今まではこれくらいにしか使ってなかったです^^;
ちなみにHTMLの書き出しまではしません。テーブルで出てきて逆に迷惑なので。

こんなもんですかね。こう挙げてみるとすごい便利じゃないですか!

不便に感じた点

・書き出し画像が汚い
PhotoshopのWEB用書き出しでファイルサイズが一緒になるくらいに画質を落としてみたら、Fireworksの方が若干画像が汚いです。
あとグラデーションを使用したシェイプの書き出しで、グラデーションが滑らかにならないのはどうにかならんのでしょうか。「すべての色を割り付け」にしても汚いんですが。PNG24とかだと綺麗だけどファイルサイズ大きくなるのでは。

・カラーピッカーの使い勝手
Photoshopはカラーピッカーを開いて、左の大きいキャンバスから色を取って即座にシェイプに色が反映することができます。(勝手にリアルタイムプレビューと呼んでます)
それに対してFireworksは色を取って、「OK」を押さないとシェイプに色が反映されません。これでは、一度カラーピッカーを閉じてしまうことになります。
カラーパレットのウィンドウから色の設定を行えば問題ないのですが、カラーピッカーより扱いはちょっとめんどくさいです。
まぁ、この辺はセンスの問題ですかね。優れたデザイナーなら、簡単にイメージした色を拾ってくることができるんだと思います。

・結局、PhotoshopやIllustratorでパーツ作ってる
タイトル画像やアイコン・写真加工などは、やはりPhotoshopやIllustratorで作業したほうが楽です。
PhotoshopでデザインするならIllustratorと2本のソフトを立ち上げておけば大丈夫ですが、Fireworks使ってると3本立ち上げてることになりますね。

あと不便ではないけど、レイヤーの作成・新規サブレイヤーの作成(Photoshopの「新規グループを作成」同様の機能)は紛らわしいので、新規サブレイヤーの作成をなくしてしまった方がいいと思う。まぁ、使われてる機能をわざわざ削ることはないだろうけど。

と、不便に感じた点は少ないですが、カラーピッカーは個人的にかなり効いてます。
他にも共有ライブラリとか様々な便利機能があるみたいですが、その辺は徐々に使っていきたいですね。

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ