スマホ対応ページを組んでる時、iPhoneでリロードするのがめんどくさいので

スマホ対応ページをコーディング・確認しているときに、細かい点を修正してURLバー出すためにトップに戻る→リロード→確認するのがめんどくさくて仕方なかったので、サクっとJavaScript書いた。

ひとまず常套手段であるURLバーを隠すやつはコメントアウトしておく。

//こんなやつ
setTimeout("scrollTo(0,1)",100);

で、以下をrefresh.jsみたいな名前で保存して読み込む。

document.addEventListener("touchstart", function(e) {
  if (event.touches.length > 2) {
    window.location.reload();
  }
}, false);

これで3本指以上でタップすればページがリロードできるようになる。
消すのを忘れてしまうかもしれないので、毎回の手順は増えるがブックマークレットで

javascript:(function(){window.location.reload();})();void(0);

だけでもいい気がする。

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ