iPhoneアプリ「Runmeter」で走ってみてauとSoftBankの回線の繋がりやすさを比較してみた

個人的には回線速度うんぬんの結果よりも、どれだけ繋がりやすいのかが重要だと思ってます。
そこでランニングするのに愛用しているiPhoneアプリ「Runmeter」で比較してみました。

「Runmeter」はこんなことができるよ

はじめに「Runmeter」のことをざっくりと。

  • GPSによるリアルタイム追跡で走行距離を計測
  • アナウンス機能搭載(○kmごとや○分ごとのアナウンス設定が可能)
  • TwitterやFacebookに自動投稿
  • 簡単に言えば「RunKeeper(無料)」の日本語対応版(有料)

その他、カロリー消費や過去のルートによるゴースト比較、自動停止感知などもろもろあります。
アプリに興味のある方は他の紹介ページを参考にしてみてください。

検証にあたって

検証条件は以下の通り

  • SoftBankのiPhoneはiOS5のiPhone 3GS
  • auのiPhoneはiOS5のiPhone 4S
  • メールの設定はフェッチの手動
  • 走る前に一度iPhoneを再起動させる
  • 常駐アプリは「設定」「Runmeter GPS」
  • ほぼ同時スタートで画面スリープして左右別々のポケットへ。終了もほぼ同時完了。
  • au iPhone 4Sのみ:Twitter・Facebookの投稿設定ON。Bluetoothヘッドホンと繋ぎミュージックを起動。

これを6日間3コース使って測ってみました。

※地域や天候などによって誤差が発生する場合があります
※キャリアだけでなく、iPhone 3GSとiPhone 4Sでの検証なので誤差があるかもしれません

いつものコース

このコースは家の近くの河川敷です。一往復が約7.6kmで今回は1.5往復(約11.4km)します。
「Runmeter」は1年近く使ってるけど、このコースはSoftBankのiOS4時点でもそんなひどい誤差を出したことはないです。

1日目

実はiPhone 3GSをiOS5にして1.5往復したのは初めてだったんだけど、距離が200m近く伸びてる!
iOS5で賢くなったのか単純に何らかの誤差なのか。

とりあえず、SoftBank iPhone 3GSとau iPhone 4Sの差は40mでした。
1km毎のラップについてはどっちもどっちかなって感じです。

2日目

昨日と比べると距離が100m短くなってますが、大体こんなもんじゃないですかね。
結果として50m差でした。
「高度」はゴール地点での高度みたいなんですが、なんでSoftBank側は1日目と2日目でこんな差があるんでしょう。

ここのコースは同じルートを走るだけで、大して誤差も出そうにないので2日で切り上げ。

アップダウンコース

このコースは夏の暑い時に距離が走れないとき質を上げる(キリッ ためのコースです。
山坂道なので登るほどGPSの感度が悪くなり(実際にGPSの感度を見てないからわからない)誤差がひどく、iPhoneのせいじゃないのにiPhone叩き割ろうかと思ったことが何度かありました。

ちなみにバイクでルートを走ってみて、大体1kmごとのポイントを調べてます。

3日目

差が如実に現れました。

マップを見るとau iPhone 4Sは、0km地点(スタート)と6km地点(ゴール)、1km地点と5km地点、2km地点と4km地点がほぼ一致しました。

au iPhone 4Sはバイクで調べたものと、10~20mほどの誤差しかなかったです。(3km地点を早くアナウンス)
往復で考えると20~40mサバを読んでることになるので、いつものコースで考えるとau iPhone 4Sが40〜50mサバを読んでる可能性がある?

4日目

この日も両者で差がありますが、距離の差は310mで昨日の320mとほぼ一致しています。
相変わらず高度のバラバラ感がすごい。

5日目

この日はSoftBank iPhone 3GSに合わせて走ってみましたが、ひどい結果になりました。

まずSoftBank iPhone 3GSでスタートから1kmの間に謎の停止時間39秒が発生しているため、ランタイムに大きな差が生じました。

次に3km地点が、バイクで計測したのよりも300mくらい遠い地点でアナウンスされました。
これは夏に走ってた時も含めて、このコースで一番ひどい誤差でした。

で、終いにはゴール地点よりも150mくらい手前で6km地点に到達してしまいました。
その時SoftBank iPhone 3GSは電波が「検索中」になってましたよ。

てか、この高度のグラフどうなってんですかね。ずっと山登り続けてますよ。。。

市内へ向かうコース

いつも平日には走れない長めの距離を走るときのコースです。
どちらかと言えば電波が入りやすいほう(?)へ近づいていくので、両方とも同じくらいの結果が出るかなと思って走ってみました。

6日目

ちょうど天候もよくなくて、色んな計測結果を出すにはぴったりだと思いました。
結果から言えば最悪でしたね。

SoftBank iPhone 3GSの左下に赤字で56:51って書いてあるのは、微弱GPS時間を表したものですが、56分51秒も微弱だったんならこの結果には納得さざるを得ませんね。
SoftBank iPhone 3GSのマップを見るとゴール地点が自宅の最寄り駅から4つ離れたところでゴールさせられてます。

結果

au iPhone 4Sの圧勝!
しかし、auはiPhoneだけ通信制限無しとかいう噂ですから、今度どうなるかはわかりません。
個人的には「Runmeter」がまともに使えるかどうかがau版iPhoneでの最重要事項だったんで、この結果にはかなり満足しました。

最後にもう一回注意書き

※地域や天候などによって誤差が発生する場合があります
※キャリアだけでなく、iPhone 3GSとiPhone 4Sでの検証なので誤差があるかもしれません

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ