QRコードをパキッとした状態で拡大縮小するには

QRコードジェネレーターなんかは大体のサイズしか指定できない場合もあるし、QRコードはこれを使ってくださいと納品される場合もあり、拡大や縮小した結果、ぼけちゃって読み取れなくなってしまった経験があると思います。

そんな失敗をしないために、QRコードをパキッとした状態のまま拡大縮小する方法を紹介します。

Photoshopの場合

QRコードを開き、メニューの「イメージ」→「画像解像度」でダイアログが開きます。
一番下にあるセレクトボックスで「ニアレストネイバー法」を選択して、幅・高さを指定してあげればOK。

Fireworksの場合

QRコードを開き、メニューの「変更」→「カンバス」→「画像サイズ」でダイアログが開きます。
一番下にあるセレクトボックスで「ニアレストネイバー」を選択して、幅・高さを指定してあげればOK。

どちらとも注意しないといけないのは、小さくしすぎると模様が変わってしまうこと。
そもそも、それだけ小さいと携帯で読み取れないかもしれませんが。

大きいのに関してはいくら大きくしても大丈夫なので、迷路みたいなQRコードを堪能して下さい。

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ