「超訳 ニーチェの言葉」を読んで

なんとなくカバーをパッと見ただけで読んでみようかなという気がして買ってみました。

「はじめに」の部分にこのように書いてある。

ニーチェの哲学は決して難しくない。少し読んでみれば、興奮を覚えるだろう。ニーチェの文章が読者を興奮されるのではなく、自分の頭で考えると言う生々しさに読者が刺激とインスパイアを受けるからだ。そこにニーチェの最大の魅力がある。

超訳 ニーチェの言葉

まさにこの通りである。
ニーチェの哲学は目線が私たちと同じところにあり決して難しいことは何もない。
だからこそ本書を読んでいると、自分に非のある部分にはズサズサとニーチェの言葉が突き刺さる。

考え方が変わるというよりかは、本来あるべき考え方を再確認されられた本でした。


超訳 ニーチェの言葉

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ