CSS Nite in HIROSHIMA, Vol.3に行ってきた

11月20日(土)にCSS Nite in HIROSHIMAが開催されました。
前日飲みだし参加しようか迷ってたけど、「頭ん中」のmsngさんのセッションがあるということが決め手となり参加することにしました。

[Session 1]「ソーシャルメディアとのつきあい方をもうちょっと考えてみる」msngさん

ブログは着眼点がおもしろいなぁと思ってずっと読んでました。なんて表現したらいいか分からないけど、知ってはいるんだけど眠ってる意識を引っ張り出してくれるような感じ。
今回もそうしないといけないとはわかってるんだけど、できてないよねってことをズバっと指摘。
とりあえず何かの区切りにネット上のアカウント情報は統一しとこうと決意。

[Session 2]「『書くこと』によるセルフブランディング」益子さん

本(ブログ)を書くことでのメリットについてのお話し。
ブログのテーマを絞って書くことでそのテーマの知識を深めることもできるし、本の出版に声がかからないことも無きにしも非ず。
私がRSSを購読してるブロガーでも専門書を出してる人も多いし、本当に結構あるんだなぁと感じました。
また本を書いていればクライアントにとって、「ちゃんとした専門家です。」という証にもなるというメリットも発生するとのこと。
本なんてと思っていても、一応意識して書くことは大事だなぁと感じました。

[Session 3]「資産を増やそう! 会社作りとレベニューシェアによるWebビジネス」竹本さん

「レベニューシェア」って言葉をまず知りませんでした。。。
普通なら制作費をもらってその費用内でページを作って利益をあげるのがほとんどだと思うんですが、レベニューシェアは制作費を制作側で負担してその制作したもので上がった利益の配分を得るのがレベニューシェア。
メリットは制作したものが勝手に働いてくれるのと、利益を上げるために高いクオリティを保つことが可能なのこと。
デメリットはあまり知られてないため手が出しづらいのと、ちゃんと配分が得られるかは信頼によるものでリスクが高い。

すごく魅力的だけどやっぱりリスクが高いですね。もっと広まるといいですね。

[Session 4]「プレゼンテーション時における差別化」三戸さん

以前のWEB TOUCH MEETINGの内容とほぼ同じだったので略。

[Session 5]「Dreamweaverスピードコーディング」鷹野さん

Dreamweaverのデザインビューを使って超速コーディングの実演。
Dreamweaverデフォルトの機能でこんなに楽になっちゃうのか!って思うほど使いこなしてた。はっきり言ってDreamweaverなめてました。
やっぱ速度をあげるには最終的には技術うんぬんよりツールの使い方だな。
ちょっと多かったので自分でもいじってみて自分なりの方法をまとめてみようと思います。

[シークレットゲスト]

準備中に誰だかわかっちゃいましたが、これまた以前のWEB TOUCH MEETINGで発表された北臺さん。
やはりすごく人気でした。最後にCSS Nite in HIROSHIMA初公開のビデオがあり、直にyoutubeにもアップされると思います。

[Session 6]「新たな観光資源を作る!広探ゲームの取り組み」佐藤さん

広探ゲームについてのお話。
今までゲーム開催の告知はされていたんですが、詳しい話を聞くのは初めて。
ここまで地域に密着して遊べるゲームってたぶん全国探しても他にないと思います。
今まで日程が合わなかったので参加できてないんですが、日程が合えば参加してみたいです。

[Session 7]「もしも広島の女子Webデザイナーが『PMBOKガイド 第4版』を読んだら」林さん

PMBOKガイド 第4版をもしドラ風に萌えの力を借りて解説。
ちょっと難しい話だったのでフォローアップ待ちなんですが、めんどくさくてもちゃんとしたプロセスを踏んで仕事をしないと結局は無駄な時間・作業が発生するよって話。
私は立場上、この辺は管理してくれる人がいるんですが、将来的には自分でやらないといけないことなのでちゃんと勉強しておかないといけないですね。

何となくCSS Niteって、名前的にも技術的な話ばっかりかと思ってたけど、むしろ技術的な話はほとんどなくて新鮮な話が聞けておもしろかったです。
また来年も是非参加したいです。

この記事をブックマーク・シェアする

この記事に関連する記事

カテゴリ

コメント

コメントを残す

コメント*

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

誤字・脱字やリンク切れなどお気づきの点がございましたら@loop0429までよろしくお願いします。

この記事の先頭へ