【 2010年】のアーカイブ

HTML5に移行する際に気をつけるべき点

今回のリニューアル時に思い切ってHTML5に移行しました。
HTML5に移行する動機は特に理由はなく、同業者の方がソースを見て「おっ!?」と思ってもらえたら程度でした。

実際にXHTMLからHTML5に移行した時に気をつけるべき点を書き留めておこうと思います。
Read more

ブログをリニューアルしました

そろそろブログを立ち上げて1年経つのでリニューアルをしました。
今回リニューアルするにあたって気をつけた点としては以下3点。

  • 記事へのアクセスのしやすさ
  • 記事の読みやすさ
  • WordPressのプラグインをなるべく使わない

それぞれについて少し詳しく書いてみようと思います。
Read more

Apple包囲網

Apple TVを買いました。
これで家にMacbookとiPhone(iPod touch)とiPadとApple TVのApple製品があることになります。

Google TVも気になってたんですが、正直テレビでインターネットまでできる必要があるのかなと思ってます。
携帯・スマートフォンだけでなく、タブレット機も徐々に浸透してきて、手元に即座にインターネットに接続できるデバイスがあるのに、わざわざテレビでインターネットしますかね?
そういった意味ではApple TVはテレビらしいエンターテインメントとしての位置づけで、他のApple製品とうまく棲み分けができてるんじゃないかと思います。

まぁ、何ごともコンテンツですよね。
テレビって一人で画面に向かって黙々と見るものじゃなくて、友達・家族と一緒に見る方が楽しいもんです。独り身ならTwitterのタイムライン・Facebookなどの画面をテレビの端に出しといて、共通の話題で盛り上がれるかもしれません。
データ放送よりは期待してますんで、おもしろい仕掛けがあることを願います。

※いつもApple TVの紹介記事で有名な「イヴの時間」はまだ見てません。

アンチエリアスなしのフォントがギザギザになる条件と解決策

PhotoshopやFireworksでデザインをしていて、pタグ等の画像にしないテキスト情報として扱う部分はアンチエリアスなしでデザインするのが一般的だと思います。(まだクライアントがXP主流のため)
CSS3のtext-shadow・box-shadow・border-radiusなども使う機会も増えつつあり、わざわざ画像にしなくてもある程度は見栄えのいいデザインになるので、書き出しなどの手間を省くためにテキストで行っちゃうこともこれから多くなるかと思います。
でも、そんな部分に限ってデザイン段階でフォントがギザギザになっちゃうことがしょっちゅうあります。

なのでここでは、どんな条件の時にフォントがギザギザになるのかとその解決策についてまとめました。
Read more

Page 1 of 812345Last »

このページの上部へ